船橋のプラネタリウム

船橋のプラネタリウムと言えば?船橋市総合教育センター・プラネタリウム館

  • Facebook
  • Twitter

441 Views

星船橋のプラネタリウム|「船橋市総合教育センター」に行こう!

千葉県船橋市のプラネタリウム

船橋は千葉県北西部の中核都市として発展しています。東京湾にも面しており、県内2位の人口を誇っています。東京にも近く、30分ほどで来ることができるのが船橋です。市内には アンデルセン公園や中山競馬場などの商業施設や観光名所が多く点在、ららぽーとやIKEAなどは都内から買い物に来る人も多いのではないでしょうか。

そんな船橋ですが、天文好きがチェックしたいのはプラネタリウム。船橋のプラネタリウムは船橋市総合教育センター内にあります。100台ほどの無料駐車場があるため、車で来る方には嬉しいですね。お買い物の合間に、船橋観光の時間の調整などにもプラネタリウム鑑賞が使えそうです。注意したいのは、こちらのプラネタリウムの上映は、基本的に土日のみという点です。センター自体は月曜祝日定休ですので、それ以外の日に入ることは可能です。

星船橋の地元のこどもに大人気!「プラネタリウム館」

プラネタリウムの館

船橋市総合教育センターのプラネタリウムは「きぼーる」内の千葉市科学館ができるまでは千葉一番のドームの大きさを誇っていました。今では二番手ですが、その魅力はおとろえません。

プラネタリウムに入ると、まずは360度の船橋の町並みがドームに映し出されます。さらに、空の色が暗くなり無数の星々が映し出されると、神秘的な星空に驚かされます。実際には、街明かりや空気のかすみで見ることのできない星を楽しむことができます。そして始まる、個性豊かなプラネタリウム解説員の生解説付きの星空案内。前半30分ほどの星空解説ののち、後半は番組上映に移ります。午前中の上映回ではこども向けのプログラム、午後は大人向けになっています。

プラネタリウムの上映は五藤光学研究所製のGN-AT。他の多くのプラネタリウムが最新の投影機を新調し、その精度を誇っていますが、こちらのプラネタリウムでは当初の1987年から大切に操作しています。みんなから長年愛されてきた船橋の投影機「コスモくん」が映し出す星空は他とは違った趣があります。
家族や友人と一緒に、一人でのんびりと、それぞれの楽しみ方で過ごすことができます。たとえ外の天気が悪くても、ドームの中には満天の星空が広がっていますよ。プラネタリウムの上映は基本的に土曜日と日曜日になっています。長期休暇はより多くの上映機会が設けられていますので、サイトで確認してから訪ねるのがいいと思います。

星船橋のプラネタリウムの気になる鑑賞料は?その他情報

船橋「プラネタリウムの館」

こちらでの座席は、プラネタリウム解説員がいる解説台の近くがおすすめです。肉眼では見えない星まで映し出してくれるプラネタリウムで、星々の美しさに癒されること間違いありません。
船橋のプラネタリウム、気になる鑑賞料ですが大人420円、こども210円となっています。船橋市によって運営されているため、船橋市のこども達は無料です。うれしいですね。

〈船橋市総合教育センタープラネタリウム館の詳細〉
住所:千葉県船橋市東町834
アクセス:JR総武本線東船橋駅北口より北へ徒歩約15分
電話(代表):047-422-7732
公式サイト(船橋市HP内):http://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/bunka/0002/0002/0001/p011085.html

星週末は、星空を仰ぎに船橋のプラネタリウム館に出かけよう!

船橋のプラネタリウム特集、いかがでしたでしょうか?気軽に行け、駐車場もたくさんあるので週末の家族のおでかけにはぴったりですね。ららぽやIKEAのお買い物で疲れてしまったときにも、プラネタリウムがその疲れを癒してくれます。ぜひ一度足を運んでみてください!

惑星

2016-05-18 14:16:27 UTC

更新:2016年05月18日