柏のプラネタリウム

柏プラネタリウム|関東一アットホームなプラネタリウムがここ!

  • Facebook
  • Twitter

101 Views

星柏プラネタリウムはとってもアットホームな空間で楽しむ星空

千葉県は本当にプラネタリウムが多いんです。「宇宙女子」でも何回か特集を組んできました。例えば、、、

千葉市科学館のプラネタリウム↓
http://uchujoshi.com/articles/327

船橋市総合教育センターのプラネタリウム↓
http://uchujoshi.com/articles/340

どちらもそのプラネタリウムの大きなドーム(それぞれの直径が23mと18m)に映し出される圧巻の星空で名が知られています。

しかし、、、
柏のプラネタリウムはその小ささから30年以上続く安定の人気を誇っているのです。ドーム直径は6m、収容人数45人。その小ささは公立のプラネタリウムでは全国3位、関東では最も小さいプラネタリウムになっているのです。みなさんは小さいプラネタリウムで星空を仰いだことがあるでしょうか?星空との距離も、プラネタリウム解説員さんとの距離も近く、ほっとするような星々を楽しむことができるのです。大きいプラネタリウムで仰ぐ何十万もの星にも心を打たれますが、小さいからこその強みがあるのです。

星柏プラネタリウムは投影する人が自ら手がけるプログラム

柏プラネタリウムは、柏駅から徒歩15分ほどのところにある柏市立図書館本館2階に位置しています。千葉県内はもちろん、東京の葛飾区、足立区、台東区などや埼玉県からのアクセスが良いのではないでしょうか。柏プラネタリウム研究会のスタッフの方々によって、長年運営されています。30年以上もの間培われてきたプラネタリウム運営の技術は、師匠さまからお弟子さんに引き継がれているのだとか。

そのアットホームな柏のプラネタリウムで上映されるプログラムはすべて、研究会のスタッフの方の手作りです。映し出される光景一つ一つに心がこもっており、それをさらに近い距離で解説してもらえるので、星々を身近に感じることができるのです。

星柏プラネタリウム。何度もみんなが通いたくなるその秘密

柏プラネタリウムでは、その日見える星空、宇宙の謎や星の話と物語を中心に、毎月異なる内容が見ることが出来ます。上映は、第2第4土曜日と翌日曜日。そんな中でも、月に1回は訪れる常連さんもちらほら。その根強い人気の秘密は、アットホームさ以外に何かあるのでしょうか?

まず星の物語のBGMとして、スタッフさんがピアノを実際に演奏してくださることでしょうか。そして、プラネタリウムの鑑賞料が無料であること。鑑賞をするときには、当日、図書館カウンターで整理券が配布されますので、それをゲットしましょう。各回先着40人になっています。さらに、無料なのに鑑賞すると押してもらえるスタンプをためると、ミニプレゼントをもらえてしまうこと!なんだかわくわくしちゃいますね。
柏プラネタリウム研究会の人たちが心を込めて運営してくださっているこちらのプラネタリウム、ほんとうにオススメです!ぜひ一度足を運んで、そのあたたかい星空を眺めてみてください!

〈柏プラネタリウムの詳細〉
住所:千葉県柏市柏5丁目8-12 柏市立図書館本館2階
アクセス:JR常磐線・東武アーバンパークライン 柏駅より徒歩15分
開天日:第2第4土曜日と翌日曜日
電話:04-7164-5346(柏市立図書館)

星柏プラネタリウムは本当にあたたかい雰囲気のプラネタリウムだった!

柏プラネタリウム特集、いかがでしたでしょうか?大きいプラネタリウムもいいけれど、柏プラネタリウムで星空に包まれるとなんだかほっとした気持ちになれます。隔週の土日限定なので、プラネタリウム上映日は少し早めに家を出て、整理券をゲットしよう!星空がいつもよりも近くで感じられるはずです。

格安海外ツアーなら<DeNAトラベル>

惑星

2016-05-19 13:38:08 UTC

更新:2016年05月20日