館林のプラネタリウム

館林のプラネタリウム|向井千秋記念子ども科学館で体感する宇宙空間!

  • Facebook
  • Twitter

907 Views

星向井千秋記念子ども科学館は、宇宙飛行士・向井千秋さんの出身地・館林にある科学館

日本人女性初の宇宙飛行士として知られる、向井千秋さん。1985年、NASDA(現・JAXA)より、ペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として宇宙飛行士に選出され、一躍、時の人となりました。国内で彼女を知らないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。しかし、向井千秋さんの出身地が、群馬県館林市である、ということはご存知でしょうか?

館林市は、群馬県の南東部に位置する街。埼玉県の熊谷市と並び、夏になると、猛暑日を記録することで有名です。そんな館林で生まれ育った、向井千秋さんを記念して名付けられたのが、今回ご紹介する、向井千秋記念子ども科学館。

館内には、自然や科学、宇宙の面白さに触れられる展示物がずらりと並び、親子連れを中心とした人びとから人気を集めています。また、ここ向井千秋記念子ども科学館には、群馬県で最大のドームを有するプラネタリウムがあり、そのクオリティの高さが注目されています。

星向井千秋記念子ども科学館のプラネタリウムで、国内トップクラスの星空を眺めよう

向井千秋記念子ども科学館のプラネタリウムは、2014年7月にリニューアルされました。開館以来、23年間親しまれてきた光学式投影機から、最新のデジタルシステムへと移行し、地上から見える星空だけでなく、臨場感あふれる宇宙空間も楽しめるようになりました。

群馬では最大の大きさを誇る、直径23メートルのドームに広がるのは、きらめく無数の星たち、そして、漆黒の宇宙空間に浮かぶ惑星のリアルな姿…。まるで、地上から本物の宇宙へと飛び立ったかのような、不思議な感覚に包まれます。

さらに、映像の鮮明さは、国内トップクラス。フルハイビジョンの4倍の解像度で再現された星空は、これまで見たこともない、美しい世界へとあなたを連れ出してくれるでしょう。

プログラムは、子ども向けのアニメ番組から、大人向けのドキュメンタリー番組まで様々。親子連れだけでなく、幅広い世代で楽しめるプラネタリウムとして、話題になっています。館林にお住まいの方はもちろんのこと、市外、県外の方からも注目されています。

星館林の自然や科学、宇宙の面白さに触れられる!向井千秋記念子ども科学館の展示室

館林のプラネタリウムと言えば向井千秋記念子ども科学館

プラネタリウムで美しい星空に心癒されたあとは、向井千秋記念子ども科学館にある展示室で、自然や科学、宇宙の面白さに触れましょう。

展示室は、全部で4つ。館林の自然や、科学の不思議な世界を、五感すべてで体感できる、迫力満点の展示物が並びます。さらに、第4展示室では、宇宙飛行士・向井千秋さんの生い立ちや、宇宙でのエピソードなどを知れるコーナーがあり、他の科学館には無い、プレミア感満載の展示物を目にすることができます。

また、向井千秋記念子ども科学館には、天体観測室も備えられています。口径20センチの天体望遠鏡を用いて、プラネタリウムで見た星の世界を、実際に、のぞくことができます♪時折、天体観望会などのイベントも開催されているので、参加してみてはいかがでしょうか?

<向井千秋記念子ども科学館の詳細>
住所:群馬県館林市城町2番2号
電話:0276-75-1515
公式ホームページ:http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/kagakukan/

星館林にあるプラネタリウム・向井千秋記念子ども科学館で、宇宙空間を浮遊しよう

館林市が誇る宇宙飛行士・向井千秋さんを記念して名付けられた施設、向井千秋記念子ども科学館。ここには、群馬県最大のドームを備えたプラネタリウムがあり、人気を博しています。最新鋭のプラネタリウム投影機がつくり出す、リアルな宇宙空間を目にすれば、まるで気分は宇宙飛行士♪ぜひ、この週末は、向井千秋記念子ども科学館にて、遥か彼方にある無重力空間を身近に感じてください。

惑星

2016-05-23 06:43:33 UTC

更新:2016年05月23日