岡山天体物理観測所で天体観測

【岡山天体物理観測所】188cn屈折望遠鏡で宇宙を覗き込もう!

  • Facebook
  • Twitter

1,088 Views

星岡山天体物理観測所ってどんな所?その歴史と研究

岡山天体物理観測所は、日本最大級の188cm反射望遠鏡を備えた天文観測の研究所になっています。日本の天文学の大事なもとになる光学研究を支えています。観測所では常に10人以上の職員が天文学研究、望遠鏡や観測装置の保守開発、訪れる研究者の受入を行っています。それらの大切な業務の他にも、計算機やエレクトロニクスの先端テクノロジーを導入した望遠鏡の遠隔操作や新しい観測装置の開発を進めていたりするのです。

岡山天体物理観測所の始まりは、1960年にさかのぼります。東京大学東京天文台の付属施設として作られた観測所で、それから半世紀以上天体を観測し続けています。観測対象には惑星や彗星などの太陽系天体から、恒星・星団・星雲などの銀河系内の天体、さらには銀河・銀河団やクェーサーなどさらに遠くの天体まで。ほんとうにすごいです!

星岡山天体物理観測所は何がすごいの?

岡山天体物理観測所と言えば188cm反射望遠鏡。作られた当時はその大きさで日本一、今も日本の望遠鏡としては3番目の大きさの望遠鏡です。天体をとてもクリアに捉えることができます。それもそのはず。望遠鏡の精度だけでなく、立地も考慮されているからです。観測所建設の際には、一年を通して晴れた日が多く、空気の揺らぎが少ない、国内において天体観測の最適地としてこの岡山県浅口市が選ばれたのです。この反射望遠鏡のほかには、91cm反射望遠鏡(改造中)、65cmクーデ型太陽望遠鏡(運用終了)、50cm反射望遠鏡などがあります。

星岡山天体物理観測所に行ってみよう!観測所でできるあれこれ

ここだけの説明だと、研究メインの観測所で一般の人が立ち入り禁止な感じが否めませんが、違うのです。国立天文台が運営しており、一般の人にも広くその研究や設備を知ってもらうために188cm反射望遠鏡は常時公開されています。常時公開は見学室からの見学になってしまいますが、その迫力は圧巻です。もっと近くで見たい!という人は、夏休みの頃にある1日施設の公開イベントをチェックしてみてください。188cm反射望遠鏡ドームに入れたり、通常非公開の望遠鏡やドームを見たりできます。また、夜間観望会も年二回解されているので、こちらもHPをチェックしてみてくださいね。

岡山天体物理観測所で培われた技術や人材は、実はハワイに建設されたすばる望遠鏡にとってなくてはならないものだったのです。すばる望遠鏡の生みの親と言わしめるほど。そんな岡山天体物理観測所は、天文ファンの皆さんにはぜひお勧めしたいスポットなのでした。

<岡山天体観測所の詳細>
住所:岡山県浅口市鴨方町本庄3037-5
電話:0865-44-2155
公式HP:http://www.oao.nao.ac.jp

星岡山天体物理観測所で日本の天体観測研究に触れてみよう!

岡山天体物理観測所の特集、いかがだったでしょうか?歴史ある研究所は最先端の望遠鏡技術のもとにもなっていたことに感慨深いものを感じます。夜間の公開は限られてしまいますが、昼間でも楽しむことができるので岡山のあたりにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

惑星

2016-06-08 15:18:36 UTC

更新:2017年03月04日